Our Mission

 

腸に住み着く約1000種類の細菌(腸内細菌)は、宿主の生理機能に大きな影響を与えます。私たちは、腸内細菌と免疫細胞との関わりに着目し、ヒト・マウス・マーモセット・ショウジョウバエを対象として研究しています。

 

特に、免疫細胞の分化や機能に深く影響を与える腸内細菌種を同定し、その仕組みや鍵となる物質を見つけることを目的としています。長期的には、腸内細菌を人為的に操作することを可能とし、炎症性腸疾患・自己免疫疾患・アレルギーなど、腸内細菌の構成異常が関わることが知られている疾患を制御する方法を確立することを目指します。

 

 

Gut microbiota, which consists of approximately 1000 bacterial species has a tremendous impact on the biological functions of the host. Our research focuses on the gut microbiota - immune cells interactions of human, rodents, non-human primates and Drosophila flies. 

 

We aim to identify specific intestinal bacterial species that influence the host immune cells by inducing their functions and differentiation. By unraveling the mechanisms and key bacterial molecules, we strive to develop therapeutic intervention for healing wide-array of intestinal dysibiosis, such as inflammatory bowel disease, auto-immune diseases and allergy. 

 

If you're going to try, go all the way.

Otherwise, don't even start.

― Charles Bukowski

Honda Lab

 

Department of Microbiology and Immunology

School of Medicine

Keio University 

 

 

Laboratory for Gut Homeostasis

RIKEN Center for Integrative Medical Science

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 東校舎3階 慶應義塾大学医学部 微生物学免疫学教室

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 理化学研究所 統合生命医科学研究センター 消化管恒常性研究チーム

Copyright © 2015 Honda Lab. All Rights reserved.